FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エブルアート~水面から花が咲きました

イスタンブール滞在中、「この間、広場でエブルを描いている人を見かけたよ!」と聞かされ、見物に行ってきました。

エブル(ebru) とはトルコ語でマーブル染(マーブリング)のこと。
水の上に絵の具をたらし、水の上に浮かんだ絵の具の模様を紙に写し取る、水と人間の筆先の動きが作り出す、偶然ともいえる作品です。
※当店でも作品を販売しています。こちら

場所はイスタンブールのもっともにぎやかな地区、エミニョニュ。
エジプシャンバザールの入り口の前の広場で、たくさんのアーティストが集まって、観光客向けに似顔絵を描いたり、カリグラフィーを描いたりとパフォーマンスをしています。

赤と白のストライプの大きな日傘が円形に並べられ、その下で若いアーティストたちがそれぞれに得意な芸術を披露していました。

エブルはどこ???とぐるっと一回り。
エブルを書くと思われる、水盤はあるものの、人影なし…。

隣にいた別のアーティストに聞いてみると、後ろの方で談笑していた若いお兄さんがやってきて、おもむろにエブル制作を始めてくれました。(^^)

まずは水盤の表面を丁寧にお掃除…
エブル制作1

ブルーの絵の具を筆にとり、トントンっと筆をたたくと絵の具のしずくが水の表面に落ち、ぼわ~っとそれが広がって行きます。
エブル制作2

さて、どんな作品が出来上がるんでしょう…。わくわく…

均等にブルーの絵の具の模様が行き渡ったところで、今度は千枚通しのような先のとがった道具で水面を突き刺して動かし、絵の具の広がりに鋭角の模様を付けていきます。
エブル制作3


…と、おもむろにグリーンの絵の具を大きく垂らしはじめました。垂らした先から大きな円に広がって行きます。
エブル制作4

円の中から上下(左右)に道具をつ~っと動かして、線になりました。
エブル制作5

十字にも線を広げ…、ちょっと枝葉っぽくなり…
エブル制作6

ん?またグリーンで円が。お花?
エブル制作7

・・・と思ったら、あっという間に葉っぱのようになりました。
エブル制作8

あ、いよいよこちらがお花部分のようです。チューリップ?
エブル制作9

さらに絵の具を足して、大きな円に。カーネーションかポピーになるのかしら???
エブル制作10

あっ、お花に花びらが出来てきました。真ん中にもちょっと地色を混ぜて、重なる花弁が現れてきました。
エブル制作12

そう、真っ赤なバラの花が咲きました。
エブル制作13

静かに水面に紙を落とし、さっさっと上からやさしくなでて…
エブル制作14

シャッター切る間もなく、あっという間に紙が引き上げられて、素敵なバラの花のエブルの完成です!
エブル制作15

お兄さんは出来上がった作品を手に、ちょっとポーズを取ってくれましたが、特に売り込むことも無く、作品を干しに行き、またお友達と談笑を始めました。

作業に取り掛かってから完成まで7~8分。
思いのほかあっという間の出来事でした♪
すっすっすっと作業を進める姿は実に潔い!
なにげな~く作業するお兄さんでしたが、かなりの腕とお見受けしました。(^^)

拍手~~~
スポンサーサイト

テーマ : トルコ - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。