スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BURC~グランドバザール内のケバブ屋さん

関空からイスタンブールまで、トルコ航空の直行便で来ると、イスタンブール到着は午前5時半。
ご近所のよしみで早朝からホテルにチェックインさせてもらい、ちょっと仮眠をとり、大阪の店のスタッフとも連絡をしてから、イスタンブールのお店に出かけたのはお昼過ぎ。
初日はグランドバザール方面に仕入れに、ということで、まずは腹ごしらえ。
グランドバザール近くの懇意のシルバー屋さんごひいきの、バザール内のケバブ屋さんに出かけました。
相棒いわく「5つ星ホテルでも味わえないおいしいケバブ!」とのこと
お店の看板にメニューが載っているのですが、席に着くとお店の大将がやってきて、おススメされるままにまずはラフマージュンを注文。
ラフマージュンと乾燥ナスのドルマ

ラフマージュンは薄~い生地にスパイスのきいたひき肉を薄く伸ばして焼き上げた、薄型ピザの原型のようなもの。添えてあるお野菜を中に入れて、くるくるっと巻いて食べます。
手前に映っている物体は、乾燥ナスにピリ辛ピラフを詰めたドルマ。
乾燥ナス初体験でしたが、これがまたおいしい~~~。
冬の間の保存食らしいのですが、乾燥させるとなんでもうまみが凝縮されるんですね~。

ラフマージュンを食べ終えると、「次はどうするかね?」と再び大将登場。
カルシュック(ミックス)はどうだい?ジエル(レバー)はどう?とこちらも大将がしきってくれてます。
オーダー決まり、しばしすると、「これは私が勝手に頼んであげたよ!」とクルミを散らしたサラダ登場。
そして、メインディッシュのミックスケバブの登場です。
ミックスケバブとクルミ入りサラダ

左のさいころ状のケバブはジエル=レバーのケバブ。
真中はアダナケバブ=ピリ辛味のひき肉ケバブ、さしずめトルコ版つくね。
右側はチョップシシュ=スパイスたっぷり子羊の串焼きケバブ。
一番右のオレンジ色のものは、ブルグル=ひき割り小麦のピラフです。

いや~、たしかに5つ星ホテルでも味わえないおいしさ♪
特にチョップシシュのお肉の柔らかいこと~!
タンドリーチキンのような味付けの柔らかいケバブでした。
もちろん、アダナもジエルも美味(^^)

おひるを回って2時近い時間だったのですが、お客さんもたくさん入っているのもうなずけるお店でした!

迷路のようなグランドバザールなので、ワタシも一人ではたどりつけませんが、グランドバザールへ出かけることがあれば、ぜひ寄ってみてください!
お店の名前はBURC=ブルジュ
こんな感じの活気あふれるお店です↓
グランドバザール内のケバブ屋さん

そうそう、こんなにたっぷり食べた上に、デザートまで食べてしまいました…
BURCのカダユフ
卵素麺、というとあんまり聞こえが良くないのですが(^^ゞ、甘くてほそ~いパスタのシロップ漬をカリッと焼いたようなスイーツです。
カダユフはかなり昔に食べたっきりで、しかもなんだか甘いだけであんまりおいしい記憶がなかったのですが、ここのカダユフは美味~~~。
ナッツもたっぷり入っていて、おなかいっぱいだったのに、「甘いものは別腹よ♪」てのを地で行き、3人でたっぷりの2人前をぺろりと平らげました。
う~ん、おいしかった!


スポンサーサイト

テーマ : トルコ - ジャンル : 海外情報

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。