スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルサへ

さて、遊んでばっかりで仕事は全然していないようなのですが(汗)、その通りかも?(笑)
 いえいえ、合間にちょこちょこキリムを選んだり、パシュミナ問屋さんに行ったりしてるのですが、その辺は全然面白い話もないので省略…。

でも今回の出張では、それほどみっちりお仕事の予定もなく、夏休みも兼ねて~ということで、もう何年来、行きたいのになかなか行けなかったブルサへ行くことにしました。
ブルサの街

 本当は1泊ぐらいしたかったのですが、色々予定が上手く合わず、日帰りで…。
 しかし、その日は実は、前日午後8時ごろまではエディルネに行こうと思っていたのですが、急遽、相棒の奥様が大学時代をエディルネで過ごしたということで、別の日に連れて行ってくれることに…。

 で、夜8時過ぎてから、明日はブルサだ!ということに相成りました。
バスのチケットは?いやフェリーとバスを乗り継いだ方が良いのか?と夜も更けてから近所のツアー会社に聞いてもらい、結局イスタンブールのイェニカプ港からブルサに直接船が出ている!それで行け!ということになりました。
 高速船の出航時間は7:30と10:30。
 早すぎて朝ごはんの時間前だったのが残念だったのですが、やっぱり早く行かねば!と7時半の船目指してイェニカプ港へ。
トルコで長距離フェリーに乗るのは初めて! イェニカプまで載せてもらったタクシーの運ちゃんに、乗り場を教えてもらったのですが、な~んと乗り場の建物の立派なこと! フェリーも乗り場もイスタンブール市営(市じゃないかも?)なのですが、最近のイスタンブールの公共施設は本当に見違えるほどきれいになって、感心感心…。
 で、チケットを買って、フェリーに乗り込もうと外に出てまたびっくり! こんな立派な船なんです。(こちらは帰りブルサの港で撮った写真なので、夕焼けなんですけど…) ブルサへの高速船

中に入ってまたびっくり!
豪華クルーズ船かと思うような(って、乗ったことはないですけど(^^ゞ)客室で、カフェテリアもとってもきれい。
さっそくボレッキ(春巻きの皮と白チーズを重ねて焼いたような、トルコ朝ごはんの定番)とチャイを買って朝ごはんにしました。
船内の写真が無くてごめんなさい!

宣伝文句ではイスタンブールーブルサ間75分!だったのですが、実際、ブルサについたのは9時過ぎ。1時間半ちょっと掛かりました。
さて、そこからがちょっとした冒険。
何せ、このルート、出来たばかりなのか、地球の歩き方なんかにも全然出ていないんです。
で、港に着いてからどう行くんだ???
ここはトルコ。バスには違いない!ということで、バスのチケット売場で怪しいトルコ語で「ウルジャーミイ(とにかくブルサの町で一番有名所)の方へはどのバスに乗ればいいの?」と聞けば、「そこのバスに乗ったらOK,OK」みたいな。
確かにみんな同じ行き先だし、乗ればわかるのね?と思いバスに乗り込みました。
はて、何分ぐらい掛かるのか…?

いくつかのバス停に留まりつつ、30分ぐらい乗った頃、なにやら電車の線路とバスは並走。
ある駅の横で大勢の人が降り、後ろに乗っていたトルコ人のおばさんに「ここは○○駅かい?」と
後ろから話しかけられ、振り返ったのですが、ワタシが異国の人と見てわかりそうなのに、もう一回聞いてくるおばちゃん。仕方ないのでまたもや怪しいトルコ語で「わかりましぇん。」と答えると、諦めて他の人に聞いて、おばちゃんは降りて行きました。
かなりの人が降り、な~んとなく、ワタシもそこで降りなくちゃいけなかったのかなーと思いつつ、まあ行くとこまで行くか?とそのまま乗っていると、わずかに残っていたおじちゃんたちも、運ちゃんにどうも行き先を尋ねている様子。で、ちょっと進んだところでバスはUターンしかかり、おじちゃんたちもみんな降りちゃいました。
がーん、ちとやばそう…。
で、またもやかなり怪しいトルコ語で、「ウルジャーミイとかの方に行きたいんだけど?」と聞いたらば、「あんた、そりゃトレン=電車に乗らなきゃだよ。」「ちょい待ちっ、手前の駅までつれてってやるぜ!」みたいなやり取りで、Uターンしたバスでさっき通り過ぎた駅まで連れてってくれました。
あー、トルコ人親切でよかった~~~♪
道路の真ん中で置き去りにされたら大変ですもん。

で、とにかく電車の駅へ。
地下の改札付近にいた駅員さんにもまたもや道案内を仰ぎ、チケットを買い、「右側の○×△○ustu行きに乗るんだよ、右側だよ!ほんで、最後の駅が行き先!」と教えられなぜか奇跡的に覚えていた「最後の駅」という単語を復唱し、エスカレータで地上の駅に。
ホームに上がればさっき良く聞き取れなかったと思しき行き先「Sehrekustu」の表示があり、ああ、この駅のことね、と一安心。
ブルサ郊外の駅

出来たばっかりの新交通システムらしく、ホームもなかなか近代的…。などど眺めている間に青い電車到着。
いやはや、フェリーの時間は早いけど、なんだかんだでフェリー&バス乗り継いでも同じくらいんじゃぁ…と思いつつ、でもなんだかちょっと、こういう冒険?久しぶり♪と旅気分を満喫しながら電車に揺られました。(^^)

20分ぐらい乗っていたでしょうか?電車はいつしか地下に潜り、終着駅Sehrekustu(シェフレックユストゥ)に到着。ここまでくれば、ガイドブックの地図圏内!
…なのですが、地上に上がればやっぱり方向がどっちがわからない?

シミット(ゴマつきリングパン)を売っていた良い味のおじいちゃんに、地図を見せつつ、「ウルジャーミイどっち?」とたずねると、おじいちゃん、「わしの目じゃ見えんわい」との反応。で、お耳も遠そうだったので、もう1回「ウルジャーミイどっち?」と聞くと、「ああ、ジャーミイな、あっちじゃ。」う~ん、なんだかちょっと不安。だけどまあ行くベ、と坂道を登ると、イスタンブールのエミニョニュのようなにぎやかな商店街に。
ともかくも道の名前はウルジャーミイ通り。やっとたどり着いたようです。
時間は10時半ぐらいだったかな…?
ワタシとしては、かなりの早起きだったのですが、しか~し、この後、あっという間に一日が過ぎてしまうことに…。
ブルサ散策は順序が大事!と詳しいブルサ案内のサイトに書かれていたことを、すっかり忘れていたワタシです…。

また続きは次回!

◆イスタンブール→ブルサへの行き方◆
イスタンブール イェニカプ港よりブルサ行きのフェリーボート(75~90分)
 ↓
ブルサ港 (Guzel Yali)からミニバス(港に留まっているバスはみんなブルサ市街に向かう様子、20~30分ほど)
 ↓
Organize Sanayi 下車
道路の中央に「Organize Sanayi」と書いた電車の駅がバスから見えます。
 ↓
地下道を通って電車(Bursaray)に乗り換え
Sehrekustu行きに乗車(20分ぐらい)
 ↓
終着駅Sehrekustu下車、徒歩5~10分ほどでコザハンやウルジャーミイのある中心地到着。
※上は参考程度にしてくださいね。

スポンサーサイト

テーマ : トルコ - ジャンル : 海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。